包茎にはさまざまな種類が存在し、手術が必要なものから必要のないものまであります。
包茎は種類問わず多くの男性の悩みの種になっていますが、手術に保険が適用されるものと適用されないものがあり、また包皮を切除することから怖くて踏み出せない方がいるのが現状です。
基本的に包茎は亀頭が包皮に覆われてしまっていることを指しますが、包茎の種類によっては治療法が異なります。
この記事では、カントン包茎がどのようなものか、カントン包茎の手術に関することや、修正手術が必要になった場合はどうすればいいのかを解説していきます。

カントン包茎とはどんな包茎?

カントン包茎とは、仮性包茎と同じく自分で包皮を剥いて亀頭を露出することができますが、包皮の先端が狭いため亀頭の根元が圧迫されてしまうことを指しています。
通常時と勃起時の両方で剥くことができる場合だけでなく、真性包茎のように勃起時は剥くことが困難な場合でも、通常時は剥くことができる場合もカントン包茎に含まれることが一般的です。

包皮の先端が狭いため、剥いたときに亀頭が締め付けられてうっ血状態になってしまいます。
すぐに戻せば問題ありません。
しかし。
長期的にそのままにしておくと壊死してしまう可能性がありますし、締め付けられたまま勃起してしまうと、狭い包皮の先端が無理やり広がって裂けてしまうこともあるほどです。
包皮が腫れて亀頭に浮き輪をつけたように見えることもあります。
勃起時に包皮が戻らなくなっても通常時に戻すことで改善することがほとんどです。
ただし包皮が腫れてしまうと通常時に戻っても包皮が亀頭に巻き付いたままになることがあるので、この場合は早期治療が必要となります。

包皮の先端が狭くてクリニックで診てもらう際、勃起時に亀頭が締め付けられても自力で元に戻すことができた場合、仮性包茎と診断されます。

カントン包茎のデメリットと手術について

カントン包茎は、仮性包茎とは違いほとんどの方は手術を勧められます。
仮性包茎は剥こうと思えば好きな時に剥くことができますし、簡単に亀頭を洗うことができるので、包茎ではない方と同様清潔にすることが可能です。
しかし、カントン包茎の場合は剥くことはできても、亀頭が締め付けられているため触れると痛みが生じやすくなっています。
また、仮性包茎の方と比べてしっかりと洗えていない割合が大きいため不潔になりやすいので、女性から敬遠されやすいだけでなく、病気にかかりやすいことがデメリットです。

手術は亀頭が露出できるようにするため包皮を切除します。
実際に切る前に包皮にマーカーで切除部分を決めますが、たいていの場合は通常時も露出できる程度に決めます。
包皮の先端部分だけが狭い場合は、そこだけ切ってもらい、仮性包茎状態にしてもらうことができるクリニックも存在するので、まずはカウンセリングを受けて相談してみましょう。

手術は部分麻酔を使い、通常は30分~40分程度で終了します。
事前にカウンセリングを受け、あらかじめ陰毛を自分でカットしておけば、手術当日は余計な時間をかけずに済むため、社会人でも空いた時間で済ませることが可能です。
術後は1週間マスターベーション禁止となっています。

修正手術が必要な場合

包茎手術は包皮を切った後に縫合しますが、体に吸収される糸を使用しているため基本的には手術痕は残りません。
また、切除する前につけるマーカーは、術後キレイに見せるためでもあるのです。
ごくまれに切除した形が分かってしまったり、吸収されたはずの糸の痕が残ったりする場合があります。
その際は修正手術が必要ですが、術後一定以上の期間を経過しなければ、断られてしまうことがあります。
1週間程度もすれば腫れも傷も目立たなくなりますが、うそをついて修正手術をし、何か問題が起こっても自己責任となってしまうのです。
術後の経過期間は正直に報告しましょう。

修正手術はどのクリニックでも行えるわけではありませんし、いくら安くしくれるからと言っても、同じクリニックで受けるのはおすすめしません。
修正手術を行っているクリニックを探し、1からカウンセリングを受けましょう。
料金は包茎手術よりも安く、亀頭増大治療と同程度の料金に設定されていることがほとんどです。
ただし、術後に余計な行為をして悪化させてしまった場合は、通常の手術内容に加えてほかの治療も行う必要があるため、表示されている基本料金より割高になってしまいます。

まとめ

性病や裂傷がない限り、カントン包茎は病気ではありません。
そのため、仮性包茎と同じく保険は適用されないようになっています。
通常時に包皮を剥くことができる方はできるだけ自分で剥き、毎日洗うようにしましょう。
常に清潔にしていることで余計な病気から守ることができますし、人間の皮膚は伸縮性があるため軽度のカントン包茎なら改善することもあるのです。
一時的に包皮の先端が広がってもすぐに元戻ってしまうため、癖をつけておくことをおすすめします。
仮性包茎に改善した場合、包皮の切除が簡単になるため手術の料金も時間も安くなります。